ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

ラグランスリーブの作り方

ラグランスリーブの作り方

◎後身頃(襟無し)

  1. 原型を紙の上に置き左端に後中心の原型を重ね、外回りの角を、キッチリ移して原型を外します。後中心から原型のネックポイントに直角線を少し長めに引きます。後中心から好みの襟明きを決めて、その明きの4分の一を繰り下げて描きます。原型の襟明きから好みの襟明きにした差を、前の襟明きも同じ差を使いますので覚えておきます。
  2. 好みの襟あきにしたポイントと原型の肩線と並行に線を引き、肩先で〈骨の近辺〉1.5~2.0センチ程上げて少し延長線を引く、延長線上に、背中心から二分の背肩幅を印し、分度器20度にして、袖山になる肩線を長く引く、その線上に、袖ぐりから割り出した1枚袖の、厚物の袖山を作り、袖幅を決めて、分かりやすく袖幅線を少し引いておく。
  3. 後身幅の脇線に、1枚袖の割り出した、後袖ぐりを仮に描き脇下のポイントを決めます。そのポイントから、襟ぐりの3分の一当たりに直線を引きます、その同じ長さを、先に決めている、袖幅の線上にも引きます。長い2本の線のポイント間を二等分して線を引き、その線上から脇下ポイントと袖下ポイントに、左右対称の交差したカーブを描きます。袖丈は、半袖、7分袖、長袖と袖口も、好みに作ります。

 ◎前身頃(襟無し=前明き)

  1. 紙の右端から持ち出し幅の線を着丈の長さ位に引きます。並行間隔の出ている人は、その幅の一つを持ち出し幅と並行に引き、前身頃の中心をその線に付けて原型の外回りの角をキッチリ移して原型を外します。中心から襟明きのポイントに、直角線を少し長めに引くのは、後と同じです。
  2. 好みの襟明きは、後襟明きの差と同じに明けて、原型の肩線と並行に肩先で(骨の近辺)、1.5~2.0センチ程上げて、5.0~6.0センチ先まで線を引くのも、後と同じです。その延長線上にネックポイントから後と同じ肩線を印し、分度器20度にして、袖山になる肩線を長く引きます。後と同じ袖ぐりの一枚袖の、厚物の袖山を製図して、袖幅を決めます。分かりやすく袖幅線を少し引いておく。
  3. 前身幅の脇線に、1枚袖の割り出した、前袖ぐりを描き脇下のポイントを決めます。そのポイントから、襟ぐりの3分の1当たりに直線を引きます。その同じ長さを、先に決めた、袖幅の線上に袖下ポイントを印します。長い2本のポイント間の二等分し線を引き、その線上から脇下ポイント、袖下ポイントに、左右対称のカーブを描きますが、前身の袖ぐりは深く描きますので、交差するカーブは、カットする分量が出来ます。袖下を比較します。前の袖下が長くなりますにで、袖山にタタミます。これにより前袖の傾斜は、後より強くなりますが、皺の出無い前袖が出来ます。袖の長さは好みで、後と同じです。
  4. 見直しをします。左右の袖下を比べて、袖幅タイトの長袖は、肘ダーツを作ります。左右の脇下を比較して、前が長い分は胸ダーツを作ります。

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.