ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

ズボンの製図

自在曲線を使ったズボンの製図

  1. 人体の前後、股ぐり〈わたり〉に自在曲線定規をを渡し、密着して体型を採り、そっと外して紙の上に置き、定規の内側を、なぞって紙に写します。
  2. 前下腹部と股ぐり(わたり)の底辺を、直角に囲みます。更に直上の〈股上の書ける〉延長線と水平の底辺線(腰回りの書ける)を引いて置きます。
  3. 後の尾骨点の決め方として、その曲線の近辺に物差しを当て、曲線に当てた物差しの角度が、同じになる様にして、同時に角度の幅が0.7センチの並行線が、出来る様にしてから、10.0センチ程の線と並行線も引きます。平行線上に出来た交点の2点の内側が尾骨点になります。
  4. 尾骨点から右の前曲線へ水平に進み、曲線の交点迄を2等分して交点の真下点と2等分の中央点を底辺線上に印します。中央点と真下点の間は、4等分します。中央点から左へ着膨れ分の1センチを印します。
  5. 4等分の交点真下点から右に、4分のヒップ+1を印し、直上して股上を、採り前の脇線になります。尾骨点から下の底辺線上交点で、左へ4分のヒップ+1を印し、直上して股上を採り後脇線になります。
  6. 前交点の真下線と下腹部の直角線の狭い間も2等分して、前中心線になります。股上寸法を印して、前中心から水平にウエストラインです。(4分のウエスト+ダーツ又は、フリーサイズに多くすることも・・・+)
  7. 底辺線上の着膨れ分1センチと、中央点から右の4分の一2点に、十字のルレットをする、この点の其々に、前身、後身のヒップ寸法の交点を紙を表にして、二つ折に重ねて折山線を作ります。
  8. 底辺線から股下を前身、後身共同じ長さに採り、裾線になります。裾線を底辺線に二つ折して更に10センチ程上を膝上とします。
  9. 前身の裾線から、裾幅を採り、膝幅を決めて、裾から膝上まで直線にルレットをします、膝上からヒップ迄カーブさしを使いルレットします。
  10. 後身の裾幅は、膝上も、前身より1.5センチ広くして印します。裾から膝まで直線の、ルレットをして、膝上からヒップまでカーブさしを使って描きます。
  11. この時点で、紙を元の状態に戻します前身の股下は4分の一点から膝上まで、カーブさしで決めます。脇線はウエストから膝までカーブさしを使い、折山の左右を、対称にして描きます。
  12. 後身は、尾骨点2か所から延長線をウエストラインより4.0~5.0センチ伸ばした斜線を引き、斜線直角に4分のウエスト寸法をウエストラインに採ります。
    ライン上にダーツ分又は、いせ込み分、フリーサイズの寸法等、全てライン上に採ります。斜線の直角を見直します。ベルトの幅、3.0センチ程下げますが、各人のベルトの締め癖によりますので、この限りではありません。更に後の股ぐりで、前身の股ぐりより2.0~3.0センチ差を付けて、深く描き直します。

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.